CLOSE
  • HOME
  • WORKS
  • わがままで感謝される「groxi」のCIリニューアル。

WORKS

実績

エンジニアの技術で企業や社會のITインフラを支えてきたgroxi。創業30周年を機に社名変更するタイミングで、MI(マインド?アイデンティティ)開発、VI(ビジュアル?アイデンティティ)開発、コーポレートサイト開発、各種ツール開発を行いました。

リサーチ?MI開発

今回のプロジェクトではCIリニューアルに際し組織の求心力を向上させるという目的を掲げていました。並行していた採用サイト開発プロジェクトとも接合しながら、今の仲間やこれから仲間となるターゲットに向けてどのように企業メッセージを打ち出すかということが課題となりました。
まずは全社員を対象とし、組織やキャリアで重要視していることについての意見調査を実施しました。在籍期間、勤務地、組織階層などの屬性からアンケート結果を分析することで、ボードメンバーとメンバーの認識や差異を可視化しました。ターゲットに打ち出す方向性は、代表および役職者へのデプスインタビューから定義。また、アンケートだけでは収集できない潛在ニーズを引き出すため、「採用したい人物を考える」をテーマにメンバーを対象としたワークショップも実施しています。ワークショップではメンバー自身に採用者の視點で同社の理想像と現狀を考え、要素化し、そのギャップを埋める発想をしてもらうことでインサイトを抽出していきました。
アンケート結果とワークショップの內容から社員のニーズを明らかにした後は、その內容を深堀りするべく、ボードメンバー向けにCI(コーポレートアイデンティティ)を言語化するワークショップを行いました。組織の現狀と理想像について共通認識を持ち、言語化を行うことで、組織のビジョンと現狀とのギャップを明確化。きれいな言葉ではなくgroxiの考える束縛のない自由さを伝えたいという想いから、「わがままで、感謝される?!工趣いΕ偿冤`を開発しています。

VI(ビジュアル?アイデンティティ)開発

VIでは、MI(マインド?アイデンティティ)を起點にCI(コーポレート?アイデンティティ)が、どのタッチポイントでも矛盾なく直感的に理解できるよう設計しています。統一された世界観を目指すため、まずはロゴ開発から著手しました。MI開発時にクライアントから上がった「LIBERTY勝ち取る自由」と「わがままする」という言葉から想起される印象を接合した上で、「全身全霊で自らの身體を動かす人」をメタファーに設定し、ロゴマークで體現しました。提案時には、最終的なビジュアルやコンセプトだけでなく、VI開発における思考プロセスを時系列に沿って全て視覚化し、常にクライアントがVI開発全てのプロセスに関わり、意思決定をする狀態を意識しました。ロゴ開発後は、要素を分解し、カラー設計とタイポグラフィを定義したのち、タッチポイント別のツール開発を行っています。ここでも、groxiらしさを體現するために封筒などではロゴの一部が後ろに回り込む=枠にとらわれない=わがまましている、といった視覚的な工夫をしています。

コーポレートサイト開発

ステークホルダーへインタビューを実施し、コーポレートサイトの目的を明確にすることから始めました。結果、CIリニューアルにおける企業イメージ刷新を目的として設定しつつ、具體的な利用目的を持つセールス及び採用ターゲットが存在していたため、各ターゲットが素早く目的を達成できる導線も確保しました。視覚設計においては、イメージ刷新の印象を強く訴求するために、サイト訪問から求める情報へ達するまでの過程において、「わがままで、感謝される?!工趣いζ髽Iのアイデンティティを、タイポグラフィを大膽に使ったオープニングアニメーションや斜めに流れるタイポグラフィを用い視覚的に感じてもらえるようデザインしています。

https://groxi.jp/

AGE
2019.11-
CONSULTING
吉田稔
FACILITATOR
早川將司
COPYWRITE
大久保潤也
DESIGN
吉田直記
DEVELOP
遠藤雅俊

最新の実績

LATEST WORKS

あなたの場所を
もっと楽しく。

YOUR PLACE, MORE FUN.

戦略を作るだけではなく、DONGURIの専門家がチームを組み、ハンズオンで事業や組織をもっと楽しい場所にします。お悩みの課題について、ぜひお話しください。

男人裸体自慰免费看网站,免费人成视频在线观看尤物,国产午夜福利无码专区,亚洲春色Av无码专区
<var id="t7dx7"><dl id="t7dx7"></dl></var>
<ins id="t7dx7"></ins><var id="t7dx7"></var><cite id="t7dx7"></cite>
<cite id="t7dx7"><video id="t7dx7"></video></cite>
<var id="t7dx7"><strike id="t7dx7"></strike></var>
<var id="t7dx7"></var>
<var id="t7dx7"></var>
<var id="t7dx7"><video id="t7dx7"></video></var>
<cite id="t7dx7"></cite>
<var id="t7dx7"></var>